自動車保険について知っておくと良い知識

車に乗る方は任意保険に加入していると思いますが、突然の交通事故、どう対応すれば良いかご存知ですか?

まず第一に、交通事故で被害者が出てしまった時には、相手が意識不明であったり、出血のみられる怪我がある場合は勿論、事故により強い衝撃を受けたにも関わらず著しい外傷が見当たらない場合でも、救急車に連絡しましょう。
救急車が到着するまでに措置が必要である場合は、119番通報した電話で指示を仰ぎながら、できる範囲で措置を行ってください。

次に、どのような事故かに関わらず、交通事故を起こしてしまった場合は、警察に連絡をしましょう。
警察が到着すると、運転免許証、車検証、任意保険証の確認や、状況説明等を求められます。

そして、パトカーを待つ間に、保険会社に連絡します。
状況説明をして、もしも脱輪等でレッカー等が必要と判断された場合は、保険会社がレッカーを手配してくれます。
保険会社によるかもしれませんが、レッカー費用を何万円かまでなら保険会社の方で負担してくれます。
これを知らずに、保険会社を通さずに自分でレッカーを手配してしまうと全額自己負担となってしまうため注意が必要です。

単独事故であれば以上でOKですが、
対人、対物となると、相手との示談が必要になります。
示談は、被害者側と加害者側のそれぞれの保険会社で行われることが多いです。
このとき、自分が被害者である場合は、事実と自分の主張ははっきり伝えましょう。

損害賠償額や過失相殺で納得がいかない場合には弁護士に相談します。
保険会社同士で示談交渉を行う場合、損害賠償額の算出は弁護士会基準ではなく保険会社基準で計算されますが、
弁護士を立てると、賠償額の算出は弁護士会基準に近くなるでしょう。

© 2018 交通事故の後遺障害慰謝料が低いと思ったら.