交通事故 裁判しなければ賠償金額は裁判基準にならないものなのか

交通事故に巻き込まれてしまった時に、賠償金額がおもったよりも安いということは少なくありません。
裁判ではより大きな金額が認められているのに、実際に支払われるのは裁判基準から見てかなり安く抑えられているということは多いものです。
保険会社というのは、できるだけ賠償金は少なければ少ないほど良いわけですから、裁判で明確な基準ができていたとしても値踏みをしてきて少ない金額で済ませようとしてくることは決して珍しくないだけに、何も考えずに和解をしてしまうと十分な補償を受けられなくなってしまうということがあります。

しかし、だからといって裁判をしなければならないのかとなると、気の重い話でありどちらにしても悩まし問題となってしまいます。
そのような時には裁判をせずとも弁護士に相談をして、交渉をしてもらうという手が有効です。
裁判を起こさずとも弁護士が交渉した結果、賠償金額がアップしたというケースは多く相談をしてみるだけの価値は十分にあります。
保険会社といえども裁判をするとなれば時間もかかりますし、お金もかかりますからできれば避けたいと考えます。
相手が弁護士を立ててくるとなれば裁判をする前に和解をしてしまったほうが双方にとってメリットがあるということで、要求を飲んでくれやすくなります。
素人がいくら交渉をしたところで根拠のある交渉をすることは難しいものですから、保険会社に言いくるめられてしまうような状況であっても、弁護士であれば様々な判例などから常識的に見てこのぐらいの賠償金額が出てもいいだろうというところで交渉をしてくれるので、保険会社も受け入れてくれやすいのです。
もちろん、保険会社が必ずしも交渉に応じてくれるとは限りませんから、裁判になることもありますが弁護士に依頼をすれば裁判に発展をしない可能性は高いといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2018 交通事故の後遺障害慰謝料が低いと思ったら.