交通事故の後遺障害慰謝料が低いと思ったら

交通事故の怪我が治りきらず、病院で症状固定と言われることがあります。
その場合、被害者だけで加害者の保険会社とやり取りをするのは得策ではありません。

なぜなら相手は一年の間、ずっと交通事故損害賠償の示談交渉ばかりやっている、いわば交通事故加害者側のプロです。
被害者は人生でそうそう交通事故には合わないと思いますので、いわば交通事故被害者側の素人です。

そして、保険会社は株式会社です。営利を目的とするのが本質です。つまり、被害者に有利な(賠償金が多い)示談内容では本質と反します。
そのため被害者は知らない間に本来もらうべき賠償金をもらわずに示談書にサインをしてしまうことが本当に多いのです。

交通事故で怪我が治りきらず、後遺症が残ってしまったらとくに弁護士に相談して、加害者保険会社とのやり取りをすべて任せましょう。
そうすれば、弁護士が裁判基準と呼ばれる交通事故賠償で最も高額な慰謝料や逸失利益などの基準で損害賠償金を加害者保険会社に請求してくれます。

無料相談をしている(交通事故被害者側専門の弁護士:交通事故弁護士.XYZなど)弁護士も多いので、早期に相談することがオススメです。

被害者が、より適正で正当な損害賠償が実現できることを、心よりお祈りいたします。

© 2018 交通事故の後遺障害慰謝料が低いと思ったら.